全画面表示を終了する
ツイートして応援しよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラは君を憶えている

伊藤あんよ

映画監督志望の少年・祐介。人と関わらず映画に没頭する日々を送っていたのだが、ある日、兄の海斗が大病を患わせ余命宣告されてしまう。正反対の兄弟で喧嘩ばかりしていた二人だったが、兄は弟に提案する「俺が主人公のドキュメンタリーを撮れ」と…。そして兄の死と向き合い、カメラと向き合う日々が始まるのだった。

ローディング中…